〜猫面冠者〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 東洋大学野球部の歴史−戦後編54:平成19(2007)年

<<   作成日時 : 2017/03/04 01:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

主なメンバー

守備 氏名 出身校学年
河原井章太 日大高
鈴木寛隆 浦和学院
小沼直昭 前橋育英
大場翔太 八千代松陰
長橋拓也 新潟明訓
上野大樹 帝京
乾真大東洋大姫路
鹿沼圭祐 桐生一
松本暁小山西
服部大祐新潟明訓
野口裕貴 東洋大牛久
中曽根剛史東農大二
大野奨太 岐阜総合学園
松田融 金沢市工
雑賀健 PL学園
藤田敏行桐生一
森義博 九州学院
大城長将 沖縄尚学
田坂僚馬 済美
柘植宏介 明秀日立
氏家教行 拓大紅陵
鈴木啓友 愛工大名電
小島脩平 桐生一
堀越匠浦和学院
林崎遼東洋大姫路
清田育宏市柏
住吉宏貴 成田
中大谷精昭浦和学院
中倉裕人 PL学園
福田清將 浦和学院
松永隆太 九州学院
十九浦拓哉八千代松陰
坂井貴文 春日部共栄
滝本聖也 静岡商


平成十九年春・一部優勝(十回目)

4/17 専修大一回戦 神宮
東洋大000 000 301  4 34 8 3 9 6 0 0 9 4 2
専修大002 000 100  3 33 8 3 12 0 3 1 6 0 1
(東)○大場9回8安3責ー大野
(専)●土本6 1/3回6安3責・佐藤元0/3回1安0責・湯本2 2/3回1安0責ー吉成
三塁打:田坂(東)久保田(専) 二塁打:坂井(東)

4/18 専修大二回戦 神宮
専修大000 120 011  5 34 9 5 7 5 2 2 9 0 1
東洋大000 300 101  5 30 7 5 8 7 3 1 8 2 0
(専)山田章3 1/3回3安3責・湯本5 2/3回4安2責ー吉成
(東)鈴木寛4 1/3回5安3責・上野大3回0安1責・大場1回4安1責・乾0/3回0安0責・鹿沼2/3回0安0責ー大野
本塁打:清田(東)馬場(専) 二塁打:飯倉・吉成(専)
暴投:1(専)1(東)

4/19 専修大三回戦 神宮
専修大 000 000 101  2 32 8 2 6 4 4 1 11 0 1
東洋大 001 000 000  1 26 2 0 6 7 1 0 6 3 1
(専)○土本9回2安0責ー吉成
(東)上野大6 2/3回6安1責・●大場2 1/3回2安1責
暴投:1(専)1(東)

4/20 専修大四回戦 神宮
東洋大200 000 010  3 31 6 3 8 6 3 1 9 1 3
専修大001 000 010  2 31 6 2 12 2 3 1 7 0 1
(東)○大場9回6安0責ー大野
(専)●山田章5 2/3回4安2責・佐藤元2 1/3回2安1責・湯本1回0安0責ー吉成・中田
本塁打:林崎(東) 二塁打:本池(専)
暴投:1(専)
*新人・林崎の先頭打者ホームランで先制

4/24 亜大一回戦 神宮
亜 大002 000 001  3 31 4 3 12 1 0 0 2 4 1
東洋大001 103 10X  6 30 7 6 5 11 1 0 12 1 0
(亜)小山3 1/3回2安1責・沖本2回1安0責・●大山2/3回1安3責・永沢1回2安1責・下茂1回1安0責ー浜岡
(東)○大場9回4安3責ー大野
二塁打:末沢(亜)清田(東)
暴投:1(亜)

4/26 亜大二回戦 神宮
東洋大000 000 000  0 30 7 0 6 5 0 0 8 0 3
亜 大012 030 00X  6 33 10 2 8 4 3 2 10 2 0
(東)●鈴木寛2 2/3回4安2責・鹿沼2 1/3回1安0責・乾2回2安0責・松本暁1回3安0責ー大野・野口
(亜)○緑間5回5安0責・白倉3回1安0責・下茂1回1安0責ー浜岡・竹内
本塁打:浜岡(亜) 三塁打:中田(亜) 二塁打:藤田・氏家・坂井・松永(東)
暴投:1(東)1(亜)

4/27 亜大三回戦 神宮
亜 大000 000 000  0 26 1 0 14 4 0 1 3 0 1
東洋大000 200 00X  2 30 7 2 4 1 1 1 1 0 0
(亜)●小山5回4安1責・白倉3回3安0責ー竹内
(東)○大場9回1安0責ー大野
本塁打:清田(東) 二塁打:林崎(東)
捕逸:1(亜)
*大場が一安打完封で通算二十勝目

5/8 駒澤大一回戦 神宮
東洋大000 000 020  2 31 6 2 11 2 1 1 5 2 0
駒澤大100 000 000  1 27 4 1 13 3 2 1 4 0 0
(東)○大場9回4安1責ー大野・野口
(駒)●海田9回6安2責ー山田
本塁打:林崎(東) 二塁打:笠間(駒)
*八回、林崎が逆転ツーラン

5/9 駒澤大二回戦 神宮
駒澤大 043 001 001  9 35 9 8 5 11 1 1 11 1 2
東洋大 200 000 000  2 35 8 1 7 4 0 1 10 0 2
(駒)○石黒7回7安1責・笹田2回1安0責ー山田
(東)●鈴木寛1 2/3回2安4責・上野大3 1/3回3安1責・乾2回1安0責・鹿沼2回3安1責ー大野・野口
二塁打:坂井・小島(東)大島・椎葉・山田(駒)
捕逸:2(東)

5/10 駒沢大三回戦 神宮
東洋大120 100 000  4 35 9 4 11 3 2 2 9 0 0
駒澤大000 010 000  1 29 8 1 5 6 2 0 9 3 1
(東)○大場9回8安1責ー大野
(駒)●海田3回5安1責・笹田2回2安1責・坂口2/3回0安0責・石黒3 1/3回2安0責ー上村
本塁打:中倉(東) 三塁打:清田(東)
*勝ち点3で単独首位に

5/15 青学大一回戦 神宮
青学大000 000 010  1 29 5 1 12 5 0 0 6 0 2
東洋大101 000 04X  6 31 7 5 13 6 1 2 7 0 1
(青)●小林8回7安5責ー小池
(東)○大場9回5安1責ー大野
本塁打:高島(青) 三塁打:高島(青) 二塁打:中倉2(東)長島(青)

5/16 青学大二回戦 神宮
東洋大001 001 000 000  2 41 7 2 8 1 2 1 6 1 2
青学大001 100 000 001x  3 37 6 3 7 12 5 1 16 0 1
(東)大場3 1/3回4安2責・河原井5回0安0責・鈴木寛1/3回0安0責・●小沼3回2安1責
(青)井上12回7安2責ー小池
二塁打:大野 十九浦(東)

5/18 青学大三回戦
青学大 000 000 000  028 3 0 12 1 0 0 2 0 2
東洋大 200 000 03X  533 11 5 5 3 2 2 9 0 0
(青)●小林5 2/3回6安2責・井上2回5安3責・久古1/3回0安0責ー加守田
(東)○大場9回3安0責ー大野
三塁打:坂井・松永(東)
暴投:1(青)
*この勝利で、国学大から勝ち点を挙げれば優勝となる

5/22 国学大一回戦 神宮
国学大001 000 000  1 30 5 1 14 1 2 0 5 1 0
東洋大210 011 31X  9 34 14 9 4 4 2 0 7 0 0
(国)●高橋広6回12安8責・菅井1回0安0責・大木1回2安1責ー柚木・竹内
(東)○大場9回5安1責ー大野
本塁打:中倉・清田(東) 三塁打:関将(国) 二塁打:藤田2・小島(東)
暴投:1(国)
シーズン9勝&114K
大場Wリーグ記録

東洋大が国学院大に圧勝、13季ぶり10度目の優勝に王手をかけた。23日の2回戦で連勝すると決まる。大場(4年、八千代松陰)が5安打1失点でシーズン最多タイ記録となる9勝目(通算25勝目)を挙げた。シーズン9勝は、86年秋の阿波野秀幸(亜大)以来、5人目。大場は毎回の14奪三振も奪い、今季114個目。90年春、小池秀郎(亜大)がマークしたシーズン最多奪三振の111個を抜く新記録を達成した。
(『朝日新聞』平成十九年五月二十三日付朝刊)



5/23 国学大二回戦 神宮
東洋大 001 000 002  3 32 6 2 5 6 0 3 8 0 1
国学大 000 010 100  2 28 7 2 5 4 5 0 8 1 0
(東)河原井5回3安1責・鈴木寛1回2安1責・○小沼2回1安0責・大場1回1安0責ー大野・野口
(国)●村松9回6安3責ー柚木
本塁打:金沢(国) 二塁打:十九浦・藤田・中倉(東)聖沢(国)
暴投:1(東)1(国) ボーク:1(国)
東洋大13季ぶり優勝 10度目
東洋大が国学院大に逆転勝ちし、13季ぶり10度目の優勝を決めた。東洋大は1点を追う9回、小島(2年、桐生一)の左前適時打で同点。ボークで勝ち越し、最後はエースの大場が締めた。
大場、最後も締めた
9回のマウンドに東洋大の高橋監督は大場を送った。チームは9回に逆転最後は真のエースに成長した右腕に託した。
しかし、いきなり安打を浴び、野選もあって1死二、三塁。一打サヨナラの場面を迎える。今季リーグタイ記録の9勝。リーグ新記録の114個の三振を奪っている大場は、ここで三振を取りにいった。カウント2−1からの4球目。外角に外れるスライダーで空振り。ここで三塁走者が飛び出し、挟殺プレーとなって併殺。7年ぶりの優勝が決まった。
優勝候補に挙げられていたが、開幕カードの専大に1敗した。続く亜大戦でも1勝1敗。3回戦でも投げた大場がここで1安打完封勝利。「あそこでチームに自信が生まれた」と監督はいう。2戦目で負けても、1、3戦目を大場で取れる。駒大、青学大戦はこのパターンで乗り切った。
16試合中、13試合に登板し、9勝を稼いだ大場の活躍はもちろんだが、駒大戦で逆転の2ランを放った林崎(東洋大姫路)、5番に定着した坂井(春日部共栄)の1年生コンビの若い力もうまくかみ合った。「前半は下級生ががんばり、後半は4年生が引っ張った。団結力は去年より上」。主将の藤田(4年、桐生一)は充実したチームを引き連れ、21年ぶりの日本一の座を取りに行く。
(『朝日新聞』平成十九年五月二十四日付朝刊)



勝点
東洋大10勝4敗15
駒澤大8勝5敗03
青学大8勝6敗03
亜 大7勝7敗03
国学大4勝8敗01
専修大3勝10敗10



表彰選手・ベストナイン(満票16票)
最高殊勲選手
大場翔太投手=満票・初
最優秀投手
大場翔太投手=満票・初
ベストナイン
投  手:大場翔太=14票・初
捕  手:大野奨太= 8票・初
外野手:清田育宏=10票・初

打撃十傑入り打者
なし

画像



第56回全日本大学野球選手権 出場六回目:準々決勝敗退

6月13日 二回戦
奈良産大000 001 001  2
東洋大010 000 20X  3

(奈)林・苗・桑原−吉田
(東)大場−大野
二塁打:大野(東)

6月14日 準々決勝
東海大000 000 003  3
東洋大000 000 100  1

(海)小松崎・中西−市川
(東)大場・小沼・上野大−大野
二塁打:加治前(海)田坂(東)

関連記事
東洋大学の全日本大学野球選手権戦績W:平成19年・平成20年

平成十九年秋・一部優勝(十一回目)

9/1 国学大一回戦 神宮
東洋大 000 020 100  3 30 7 3 3 9 3 0 12 1 2
国学大 001 001 000  2 31 5 1 13 2 2 1 6 2 0
(東)○大場9回5安1責ー大野
(国)●村松9回7安3責ー柚木
二塁打:関将・大石(国)松永(東)
捕逸:1(国)

9/2 国学大二回戦 神宮
国学大 010 002 000 1  4 34 8 4 11 3 2 0 5 1 1
東洋大 011 001 000 0  3 37 7 3 7 2 1 2 7 2 2
(国)佐藤6回5安2責・○高橋広4回2安0責ー柚木
(東)上野大5 2/3回6安3責・●小沼4回1安1責・大場1/3回1安0責ー大野
二塁打:聖沢・渡辺貴2・伊藤啓(国)大野・松永(東)

9/3 国学大三回戦 神宮
東洋大 001 000 002  3 31 7 3 7 2 2 0 5 0 0
国学大 000 000 000  0 34 9 0 13 3 3 1 13 2 0
(東)○大場9回9安0責ー大野
(国)●村松9回7安3責ー柚木
本塁打:林崎・大野(東) 二塁打:大石・長岡・渡辺貴2(国)小島(東)
暴投:1(国) 捕逸:1(東)

9/18 立正大一回戦 神宮
東洋大 001 000 006  7 36 13 7 5 4 3 0 9 1 1
立正大 000 000 100  1 31 6 1 11 1 2 1 6 2 0
(東)○大場9回6安1責ー大野
(立)木田2 2/3回3安1責・津田1 1/3回1安0責・●菅井4 2/3回8安5責・岩本1/3回1安1責ー白山
本塁打:都築(東) 二塁打:森・林崎(東)
*大場が春からの連勝記録を11に伸ばしリーグ記録に並ぶ

9/19 立正大二回戦 神宮
立正大 000 103 000  4 39 9 4 9 6 3 2 11 0 0
東洋大 000 000 110  2 30 5 2 6 5 0 0 6 0 1
(立)○丸山6 1/3回4安1責・菅井1 2/3回1安1責・津田1回0安0責ー白山
(東)●上野大3 2/3回6安1責・小沼2回3安0責・鈴木寛3 1/3回0安0責ー大野
本塁打:都築(東) 二塁打:土井・田中(立)清田(東)

9/20 立正大三回戦 神宮
東洋大 020 100 111  6 37 11 6 11 3 1 0 8 2 1
立正大 000 000 000  0 31 4 0 15 0 0 0 4 0 0
(東)大場9回4安0責ー大野
(立)木田2 1/3回2安2責・津田4回4安2責・菅井1回2安1責・丸山1回3安1責・中川祐2/3回0安0責ー白山・松永
本塁打:松永(東) 三塁打:大城・藤田(東) 二塁打:大野2・清田(東)
*大場が12連勝でリーグ新記録

9/26 亜大一回戦 神宮
東洋大 000 000 100 1  2 33 4 2 12 6 1 0 7 1 0
亜 大 100 000 000 0  1 31 3 1 9 2 1 0 3 1 0
(東)○大場10回3安1責ー大野
(亜)岩見8回2安1責・金村2/3回0安0責・●北原1 1/3回2安1責ー浜岡
本塁打:大野(東) 二塁打:引本・中田(亜)
*大場、連勝記録を13に伸ばし通算30勝

9/27 亜大二回戦 神宮
亜 大 000 003 020 1  6 32 7 5 10 9 3 0 8 0 2
東洋大 030 000 020 0  5 39 9 5 9 2 2 0 8 3 0
(亜)鶴川3回4安2責・○白倉7回5安1責ー浜岡
(東)上野大5 1/3回4安3責・乾1 2/3回2安2責・小沼1回0安0責・●鈴木寛2回1安1責ー大野
本塁打:岩本(亜) 二塁打:松永・大野(東)
暴投:1(東)

9/28 亜大三回戦 神宮
東洋大 000 210 000  3 33 8 3 8 4 2 1 9 0 0
亜 大 000 000 002  2 35 10 2 13 2 0 1 8 0 1
(東)○大場9回10安2責ー大野
(亜)●岩見3 1/3回4安2責・緑間1 2/3回1安1責・金村1回1安0責・鶴川2回1安0責・ブース1回1安0責ー浜岡
本塁打:松永(東) 三塁打:大城(東) 二塁打:林崎(東)吉原(亜)
暴投:1(東)1(亜)

10/9 青学大一回戦 神宮
東洋大 000 000 001  1 33 8 1 11 3 0 1 8 0 1
青学大 002 100 00X  3 28 5 3 9 4 0 3 5 2 1
(東)●大場8回5安3責ー大野
(青)玉峰4回5安0責・○小林5回3安0責ー小池・加守田
二塁打:藤田・鈴木啓(東)吉田(青)
捕逸:1(青)
*大場の連勝14で止まる

10/10 青学大二回戦 神宮
青学大 000 000 030  3 34 7 3 5 2 0 0 6 0 2
東洋大 330 000 21X  9 36 12 8 8 8 0 0 11 1 0
(青)●冨田0/3回1安2責・川角4回5安3責・井上3回4安1責・久古1回2安1責ー小池・加守田
(東)○上野大7 1/3回6安3責・小沼1 2/3回1安0責ー大野
本塁打:松永・清田・大野(東) 二塁打:高島(青)
暴投:2(青)
*上野大樹投手が16試合目の登板で初勝利

10/11 青学大三回戦 神宮
東洋大 520 020 001  10 34 9 10 8 7 2 0 6 0 0
青学大 000 011 001  3 30 4 3 11 8 0 0 8 0 0
(東)大場4回1安0責・鹿沼2回2安2責・○河原井3回1安1責ー大野・野口
(青)●小林1 1/3回6安7責・玉峰4 2/3回1安2責・井上2回1安0責・川角1回1安0責ー加守田・小池
本塁打:小池(青) 二塁打:松永・大野・藤田(東)
暴投:1(青) 捕逸:1(青)
*大場が通算奪三振を399とし、小池秀郎の394を抜くリーグ新記録

10/16 駒澤大一回戦 神宮
東洋大 010 000 111  4 35 9 4 6 2 1 1 7 1 0
駒澤大 000 000 003  3 29 5 3 7 3 2 0 4 1 1
(東)○大場9回5安3責ー大野
(駒)●笹田7回7安2責・河村2回2安2責ー山田・上村
本塁打:十九浦2・坂井(東) 二塁打:鈴木啓(東)
暴投:1(東)1(駒)

10/17駒沢大二回戦 神宮
駒澤大000 020 000  2 33 7 2 8 0 1 1 5 1 2
東洋大000 413 10X  9 36 12 9 9 1 1 0 5 3 0
(駒)●石黒3回5安4責・加茂1回0安0責・河村2/3回2安1責・海田2/3回3安2責・笹田2 2/3回2安1責ー山田・上村
(東)上野大4 2/3回7安2責・小沼1 1/3回0安0責・○大場3回0安0責ー大野
本塁打:清田・大野・松永(東) 二塁打:山田(駒)大野(東)
大場と野手 支え合った
力強い直球が捕手のミットをたたき付ける。空を切るバット。9回、3者連続三振の瞬間、大場は拳を握り、ほえた。
6点リードの7回、満を持して登板する。「これで最後。気持ちを込めて投げた」。同じ直球でも球速に差をつけ、鋭いスライダーで低めを突く。与えられた3イニングを、完全に封じた。
奪三振や連勝記録を更新し続ける大場を、いかに支えるか。それが東洋大の課題だった。夏場から打撃練習を3時間から4時間半に延ばし、徹底的に強化。成果は、優勝を争う大一番でも発揮された。
4回、清田(4年、市柏)、大野(3年、岐阜総合)の2本の2ランで先制。2点返された直後の5回も、松永(3年、九州学院)のソロで突き放した。春と比べると、チーム打率は2分上がり、総得点も13点増。今季系6本塁打はリーグ最多だ。
「みんなが大場のレベルに近づいた。大場ががんばっている間にみんなが力をつけた」と高橋監督。剛腕と野手が支え合って、チーム初の連覇を成し遂げた。
(『朝日新聞』平成十九年十月十九日付朝刊)


勝点
東洋大10勝4敗05
亜 大7勝4敗03
駒澤大6勝5敗13
立正大5勝7敗02
青学大5勝8敗01
国学大4勝9敗11


表彰選手・ベストナイン(満票16票)
最高殊勲選手
大場翔太投手=満票・二回目
最優秀投手
大場翔太投手=満票・二回目
ベストナイン
投  手  :大場翔太=満票・二回目
捕  手  :大野奨太=満票・二回目
三塁手  :藤田敏行=12票・初
外野手  :松永隆太=10票・初
指名打者:十九浦拓哉=14票・初

打撃十傑入り打者
8位:小島=14試合37打数12安打8打点0本塁打、打率・324
9位:松永=14試合50打数16安打8打点4本塁打、打率・320


第三十八回明治神宮野球大会(五回目出場:初優勝)

11月12日:二回戦
東洋大000 313 020  9
東海大210 000 000  3
(東)大場ー大野
(海)小松崎・小林・中西・小泉・杉本ー市川
本塁打:加治前・石井(大場)清田(小松崎)中倉・大野(小林) 三塁打:小島(東)

11月13日:準決勝
東洋大000 000 002  2
上武大000 000 000  0
(東)大場ー大野
(上)石川俊ー松井
二塁打:十九浦・大場・藤田・清田(東)

11月14日:決 勝
東 洋 大000 000 101  2
早稲田大000 000 000  0
(東)大場−大野
(早)斎藤・松下・須田・大石ー細山田
本塁打:藤田(松下) 二塁打:大野(東)

清田育宏選手




関連記事
東洋大学の明治神宮野球大会戦績T=昭和51年・53年・62年、平成12年・19年


拍手を送る




*各年度の試合結果は
 こちらから
↓  ↓  ↓
「熱球譜」:戦前・戦後の歴史のうちスコア中心の記事
熱球譜=選手権編
熱球譜=神宮大会編
「全試合結果」 : 戦前から現在までの試合結果(「熱球譜」完成までの繋ぎ版)


猫面冠者内検索

サイト内

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
東洋大学野球部の歴史−戦後編54:平成19(2007)年 〜猫面冠者〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる