東洋大学野球部の歴史-人物①野本喜一郎さんⅡ

野本喜一郎さんの選手しての経歴はどの様なものであったのか。
前項で引いた『甲子園高校野球人物事典』の「不動岡中では3年生の’37から投手として活躍」とあるので当時の新聞を当たってみた。(旧制中学は五年生である)
いずれも甲子園南関東予選埼玉予選の結果である。
結果のみでメンバーなどはわからない。


昭和12年(’37)一回戦不動岡中3-0埼玉商業
二回戦川越商業4-2不動岡中
昭和13年(’38)二回戦不動岡中8-7豊岡実業
準決勝川越商業3-1不動岡中
昭和14年(’39)二回戦大宮農商4-0不動岡中

次の台北高商は三年制であるが昭和十一年に一年制の貿易専修科も設けられている。野本さんがどちらに進学したのかはわからないが、三年間の記事を探してみた。
当時は、朝日新聞社の主催で実業専門野球大会が開催されていた。

昭和16年(’40)実業専門野球九州大会西南学院7-2台北高商

この記事には両校のバッテリーは記載されているが、野本さんの名前はない。
翌、昭和十七年にも台北高商は九州大会に出場しているが、準決勝からの結果しか載っておらず、台北高商の名は無かった。

コロムビアに入るのは戦後のことだが、「都市対抗でならした川崎コロムビア再建」の記事が有るのは昭和二十二年十月二十九日付の読売新聞。それ以降の結果を拾ってみると

昭和23年(’48)12.17西鉄5-1川崎コロムビア
 (投(西)大崎(川)野本)
昭和24年(’49)5.5関東選抜都市対抗川崎コロムビア6-2明電舎
5.7川崎コロムビア6-5大昭和製紙
とあり、五月八日の決勝では

い す ず105 200 010 9大沢-山下
川崎コロムビア000 300 101 5秋田・野本-勝田
となっている。(対戦相手いすずの大沢はのちに東京農大の監督を務めた大沢君夫(大沢親分の兄)さんと思われる。)
当時都市対抗野球はすでに復活していたが、コロムビアの出場は無かった。

プロ入り後の成績は『プロ野球記録大全』から主な項目を挙げておく。

所属試合完投完封奪三振自責点防御率
S25(’50)西日本481119141841284.38
S26(’51)西 鉄20432128191.92
S27(’52)西 鉄29230019314.16
S28(’53)近 鉄25120019212.45
通 算12218271621501993.62

打者としては四年間で通算159打数19安打(2塁打1、3塁打1)打率.119である。
(西日本は昭和二十五年の二リーグ分裂で結成され一年で西鉄と合併したため、実質二球団の所属と言える)

現代と事情が違うとは言え、戦争でのブランクをはさんで二十八歳でのプロ入りは決して恵まれていたとは言えないであろう。“甲子園の名監督”の枕詞が必ずついて回る野本さんだが、プレイヤーとしての野本さんにも今少し光を当てても良いのではなかろうか。

尚、結成時の西日本には同じく後に甲子園と名監督と言われるようになった小嶋仁八郎さんがいた。一年で退団し別府緑ケ丘高監督に就任、さらに翌年津久見高の監督に移った小嶋さんは戦前①の項で紹介した巌義円さんの臼杵中学の後輩でもある。
(津久見高が昭和四十七年夏の甲子園で優勝した時の四番打者で主将の吉近寿一選手は専修大学に進んだ。大学生活最後の試合は昭和51年10月22日の対東洋大戦。東洋に3-2リードされた9回表の先頭打者として松沼雅之投手と相対したが内野ゴロに終わった。松沼は後続も打ち取り東洋の勝利。その瞬間東洋大のリーグ戦初優勝が決まった。)




テーマ別インデックス「資料編」 :通算本塁打・投手勝敗・開幕カードスタメンなど
「記録」:個人記録についての話題
「戦前」:新聞記事で拾った戦前の記録
「動画」:神宮で生観戦した際の動画
「エピソード」
「人物」
 


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック