東洋大学野球部の歴史-戦後編37:平成2(1990)年

主なメンバー
守備 氏名 出身校 学年
吉野定幸 九州学院
松下耕三 川之江
緒方哲也 高鍋
川崎光浩 前橋工
平子浩之 関東一
谷口英功 浦和学院
和田孝志 拓大紅陵
関口伊織 大宮工
池葉一宏 帝京
吉田良一 PL学園
三好啓弐 川之江
黒須隆 浦和学院
徳田吉成 上尾
西川孝 浦和学院
渡辺清久 関東一
奥野政広 泉州
川谷泰之 大阪産大高
斉藤久二 箕島
東海林仁 前橋育英
桧山進次郎 平安
吉本守 PL学園
中野由丈 市銚子
上四元健 東洋大姫路
根岸新 桐蔭学園
谷一浩史 小松島西
鈴木祐司 浜松商
中田光治 PL学園
山本聡 東洋大姫路
諸橋正徳 藤嶺藤沢
坂本佳久 箕島
出原正啓 島原中央
谷川明久 PL学園
石村順 土浦日大
丸塚剛 東洋大姫路




平成2年春・一部六位


4/3 青学大一回戦 神宮
青学大 100 100 140  7 38 12 7 5 6 2 0 12 1 1
東洋大 000 010 000  1 28 3 1 11 0 1 1 1 0 4
(青)○木村9回3安1責ー伊藤
(東)●和田孝7 2/3回10安2責・関口1/3回0安2責・松下1回2安1責ー吉田
本塁打:坂本(東) 三塁打:奈良原2(青) 二塁打:水野・中村達(青)

4/4 青学大二回戦 神宮
東洋大 000 001 000  1 29 7 1 2 3 3 2 7 1 0
青学大 002 000 10X  3 28 9 3 4 4 2 2 7 1 2
(東)●吉野6 2/3回7安3責・関口1 1/3回2安0責ー吉田・黒須
(青)○中原6回5安1責・滝沢1回0安0責・木村2回2安0責ー伊藤
本塁打:丸塚(東) 

4/10 駒沢大一回戦 神宮
駒沢大 000 000 022  4 33 7 3 10 6 2 0 5 3 0
東洋大 200 200 000  4 30 6 4 12 3 3 0 10 0 1
(駒)近藤4回3安4責・大庭2回1安0責・竹下1回1安0責・若田部2回1安0責ー関川
(東)和田孝8 2/3回7安4責・松下1/3回0安0責ー吉田
本塁打:桧山(東)若田部(駒) 二塁打:丸塚・黒須(東)斉藤(駒)
暴投:1(東)

4/11 駒沢大二回戦 神宮
駒沢大 000 010 200  3 31 8 3 2 5 1 1 7 2 2
東洋大 000 000 020  2 29 2 2 8 7 0 1 7 0 1
(駒)近藤3 2/3回1安0責・〇大庭3 2/3回1安0責・若田部1 2/3回0安0責ー関川
(東)●吉野5回5安1責・松下2回2安1責・関川1回1安0責・平子1回0安0責ー吉田・西川
二塁打:鈴木・藤嶺・中村2・関川(駒)出原(東)

4/12 駒沢大三回戦 神宮
東洋大 000 000 000  0 31 5 0 11 1 0 0 5 0 0
駒沢大 000 000 001x  1 27 6 1 5 3 4 0 8 0 0
(東)●和田孝8 1/3回6安1責ー吉田
(駒)若田部6 2/3回3安0責・〇近藤2 1/3回2安0責ー関川
三塁打:黒須(東) 二塁打:天野(駒)丸塚(東)

4/24 専修大一回戦 神宮
専修大 010 203 001  7 36 9 7 6 4 0 2 6 1 1
東洋大 100 000 000  1 34 9 1 11 0 0 0 6 1 0
(専)○岡林9回9安1責ー竹内
(東)●和田孝4回4安2責・谷口2回3安3責・平子3回2安1責ー黒須
本塁打:町田・宮本(専) 三塁打:竹下(専) 二塁打:町田・吉野(専)
捕逸:1(東)

4/25 専修大二回戦 神宮
東洋大 000 003 001  4 32 4 3 5 7 0 0 8 0 0
専修大 103 000 30X  7 32 10 7 5 4 2 0 7 0 2
(東)●吉野2 2/3回6安4責・関口4回2安3責・平子1 1/3回2安0責ー黒須
(専)○武藤7回2安0責・杉山1 1/3回2安1責・平子2/3回0安0責ー竹内

5/1 亜大一回戦 神宮
亜  大 000 102 001  4 29 9 3 4 6 5 0 9 2 0
東洋大 000 010 000  1   28 2 1 10 1 1 1 2 1 0
(亜)小池4回2安1責・川尻2回0安0責・〇高津3回0安0責ー長谷川・森田一
(東)●谷口6回7安2責・松下2回0安0責・平子0/3回2安1責・関口1回0安0責ー黒須・吉田
本塁打:桧山(東) 三塁打:森田一(亜) 二塁打:長谷川(亜)
暴投:2(東) 捕逸:1(東)

5/2 亜大二回戦 神宮
東洋大 100 000 010  2 31 5 2 12 5 0 0 7 1 0
亜  大 000 000 000  0 26 0 0 14 6 0 0 5 1 0
(東)○和田孝9回0安0責ー黒須
(亜)●小池8回5安2責・川尻1回0安0責ー森田一・湯浅
本塁打:山本・桧山(東) 二塁打:斉藤(東)
捕逸:1(東)
東洋大 ........... 点..... 亜  大...............
(右) 三好 川之江 000 (右) 田原 日南 3 0 0
打右左 山本 東洋大姫路 3 1 1 (左) 中村 横浜商 3 0 0
(遊) 川谷 大阪産大 4 1 0 (二) 森田剛 佐賀商 4 0 0
(捕) 黒須 浦和学院 2 0 0 (中) 斉藤 横浜 3 0 0
(三) 桧山 平安 4 1 1 (三) 大関 作新学院 3 0 0
(左) 丸塚 東洋大姫路 4 1 0 長見 近大附 1 0 0
出原 島原中央 0 0 0 (一) 古毛堂 尾道商 3 0 0
(中) 坂本 箕島 3 0 0 (遊) 松尾 埼玉栄 1 0 0
(一) 斉藤 上尾 3 1 0 (捕) 森田一 浪商 2 0 0
(二) 中野 市銚子 2 0 0 浜崎 東海大五 1 0 0
奥野 泉州 2 0 0 湯浅 大阪産大 0 0 0
(投) 和田 拓大紅陵 4 0 0 (投) 小池 信州工 2 0 0
長谷川 瀬戸内 0 0 0
斉本 京都西 0 0 0
川尻 日大二 0 0 0
31 5 2 26 0 0


東洋大・和田が無安打無得点
8人目 昨秋来の11連敗脱出
東洋大・和田孝志投手(19)=二年、拓大紅陵、177㌢、71㌔=が亜大2回戦で6四球を出したが、リーグ史上八人目(通算九度目)の無安打無得点試合を達成、チームの連敗を7で止めた。1979年春の香坂英典(中大)以来、十一年ぶり。東洋大の投手として初で、日大、中大以外でも初めて。和田は143球で、6四球。27アウトの内容は三振14、内野ゴロ7、内野飛球4(うち邪飛1)、外野飛球はわずかに1、盗塁刺1だった。
11年ぶりの快挙
「実感がありません。本当にやっちゃったのかな、という感じ」。十一年ぶりの快挙に、東洋大の和田は面くらっているようだった。「決して調子は良くなかった。ただ、体が前に突っ込まないようにフォームに気を付けて投げました」。そう淡々と振り返った。
この日まで東洋大は引き分けをはさんで7連敗。昨秋から通算すると実に11連敗で、「最下位」のピンチ。しかも亜大の先発は、好投手小池。そんな苦しい状況が、かえって投球だけに集中させ、思わぬ大記録を生み出したのだろう。
二人の投球は実に対象的。小池は一回、先頭打者にいきなり本塁打され、制球に苦しみながら力でねじ伏せるように三振を奪っていく。一方の和田は立ち上がり、四球の走者による一死三塁のピンチを連続三振で切り抜けると、カーブ、スライダー、ときには落ちる球をていねいに投げ分け、リズムに乗った。「今日一番良かった」という速球を有効に使い、リーグ記録にあと「2」と迫る14奪三振と、12三振の小池のお株を奪った。
甲子園にも出場した拓大紅陵高時代、和田は背番号「3」の控え投手。大学進学後も昨年までは、中継ぎや敗戦処理としての出場がもっぱら。白星はもちろん、先発さえなかった。それが今季は開幕戦を含め、4試合に先発。そして、3敗。「エースと期待したことで、かえって緊張していた」と見た高橋監督が、あえて2回戦に起用した途端の初勝ち星だった。
(『朝日新聞』平成二年五月三日付朝刊)


*和田孝志投手は卒業後千葉ロッテにドラフト3位で入団。
引退後、渋谷・宮益坂上に


「和ダイニング美醤」
渋谷区渋谷2-10-15 B1F
03-5485-0026 ‎

グーグルマップ↓
http://goo.gl/maps/hwVOk
を開業しています。

渋谷で働く元プロ野球選手のブログ
信頼できる人脈が常勝店舗をつくる!「和ダイニング美醤」
画像

















画像














画像















5/3 亜大三回戦 神宮
亜  大 000 100 021  4 33 7 3 6 0 2 0 4 0 1
東洋大 100 000 000  1 35 8 1 7 2 1 0 10 0 1
(亜)高津5 2/3回8安1責・〇小池3 1/3回0安0責ー長谷川・森田一
(東)谷口5回3安1責・●和田孝3回3安0責・松下1回1安1責
本塁打:松尾・大関(亜) 二塁打:黒須
暴投:1(亜)

5/16 日本大一回戦 神宮
東洋大 000 000 010  1 28 3 1 10 0 1 0 1 1 0
日本大 000 000 000  0 29 6 0 3 2 3 0 7 0 0
(東)○和田孝7 1/3回6安0責・谷口1 2/3回0安0責ー吉田
(日)●落合9回3安1責ー佐藤

5/17 日本大二回戦 神宮
日本大 002 000 100  3 34 7 3 10 3 0 3 7 1 0
東洋大 000 000 000  0 31 9 0 5 3 1 0 8 0 1
(日)○河村6回6安0責・落合3回3安0責ー佐藤
(東)●谷口3回3安2責・松下4回3安1責・和田孝2回1安0責ー吉田
二塁打:川谷(東)星・河村・真中・平田(日)

5/18 日本大三回戦 神宮
東洋大 000 203 002  7 37 12 7 7 4 1 1 8 1 0
日本大 100 000 000  1 30 6 1 8 1 1 1 4 0 0
(東)○吉野9回6安1責ー吉田
(日)●簗瀬4回5安2責・樋口1回1安0責・江尻3回4安3責・江口1回2安2責ー佐伯・佐藤・広瀬
本塁打:桧山2・吉野(東) 三塁打:斉藤(東)馬場(日) 二塁打:真中(日)坂本2(東)


勝点
亜  大 10勝 3敗 1 5
駒沢大 6勝 4敗 1 3
青学大 6勝 5敗 3
専修大 6勝 5敗 2
日本大 4勝 8敗 1 1
東洋大 3勝 9敗 1 1



ベストナイン(満票20票)
なし

打撃十傑入り打者
10位:桧山13試合44打数12安打7打点5本塁打、打率・273

一部・二部入替戦
一回戦
中央大000 000 000  0
東洋大020 001 00X  3
中央:守田・高須賀・後藤ー小野・川端
東洋:和田孝ー吉田

二回戦
東洋大000 000 100  1
中央大201 610 01X  11
東洋:谷口・松下・関口・川崎ー吉田・西川
中央:?
本塁打:近藤・小野(中) 桧山(東)

三回戦
東洋大000 200 030  5
中央大002 000 000  2
東洋:和田孝・吉野ー吉田
中央:中山・後藤・守田ー小野
(東洋大2勝1敗:一部残留)

平成二年秋・一部五位

9/4 青学大一回戦 神宮
青学大 101 000 023  7 35 12 7 7 3 4 0 8 2 0
東洋大 000 110 000  2 33 9 2 4 1 1 0 6 1 0
(青)○木村9回9安2責ー伊藤
(東)●和田孝7回7安3責・谷口2/3回2安1責・松下2/3回1安2責・高島2/3回2安1責ー吉田
本塁打:岡田(青)吉田(東) 三塁打:松井(青)桧山(東) 二塁打:岡田・松井(青)吉田(東)
暴投:1(青)

9/5 青学大二回戦 神宮
東洋大 000 001 000  1 32 9 1 5 3 1 0 8 1 1
青学大 000 110 00X  2 25 4 2 7 3 4 2 6 4 1
(東)●吉野4 2/3回3安2責・谷口0/3回0安0責・関口3 1/3回1安0責ー吉田
(青)○中原7 1/3回9安1責・木村1 2/3回0安0責ー伊藤
三塁打:桧山(東) 二塁打:中原(青)桧山(東)
暴投:1(東) 

9/13 専修大一回戦 神宮
専修大 301 101 000  6 42 16 5 5 6 2 0 17 0 1
東洋大 000 000 000  0 35 7 0 11 0 0 0 8 0 1
(専)○岡林9回7安0責ー藤岡
(東)●和田孝1 2/3回7安3責・吉野3 1/3回5安1責・高島2回3安1責・松下2回1安0責ー吉田・徳田
本塁打:町田・右島(専) 二塁打:右島(専)
捕逸:1(東)

9/14 専修大二回戦 神宮
東洋大 001 010 000  2 33 8 1 12 2 3 0 9 1 1
専修大 100 100 01X  3 30 6 3 3 2 1 0 6 0 1
(東)●関口8回6安3責ー吉田
(専)武藤5 1/3回7安1責・〇杉山3 1/3回1安0責ー藤岡
本塁打:長谷高・右島・竹下(専) 三塁打:桧山(東) 二塁打:桧山・渡辺・黒須(東)
暴投:1(専)

9/25 駒沢大一回戦 神宮
駒沢大 002 100 000  3 29 7 1 6 2 5 0 6 0 0
東洋大 000 000 100  1 30 3 1 17 0 0 0 2 0 2
(駒)○若田部9回3安1責ー関川
(東)●関口6回6安1責・吉野3回1安0責ー吉田
本塁打:高嶋(青) 二塁打:黒須・桧山(東)
暴投:1(東)

9/27 駒沢大二回戦 神宮
東洋大 023 100 110  8 37 12 8 6 10 1 0 13 0 0
駒沢大 000 010 202  5 33 7 5 8 2 0 1 3 2 1
(東)○和田孝6 1/3回5安3責・関口2 2/3回2安2責ー吉田
(駒)●近藤2 1/3回3安5責・大庭1 2/3回3安1責・竹下3 1/3回6安2責・野村2/3回0安0責・岡本1回0安0責ー関川
本塁打:斉藤・黒須(東) 三塁打:吉田(東) 二塁打:上羽・鈴木(駒)斉藤・丸塚(東)

9/28 駒沢大三回戦 神宮
駒沢大 011 000 000  2 28 7 1 3 2 3 1 4 0 0
東洋大 000 000 000  0 30 5 0 10 0 1 2 4 1 2
(駒)○若田部9回5安0責ー関川
(東)●関口2 2/3回4安1責・吉野5 1/3回2安0責・和田孝1回1安0責ー吉田
本塁打:若田部(駒)

10/3 亜大一回戦 神宮
亜  大 101 000 001  3 28 8 3 7 4 6 0 6 4 0
東洋大 000 001 000  1 31 4 1 13 3 0 1 6 2 0
(亜)○小池9回4安1責ー長谷川
(東)●和田孝3回4安2責・吉野5回1安0責・関口1回3安1責ー吉田・黒須
本塁打:山本(東) 三塁打:斉藤(東) 二塁打:斉藤・中村・森田剛(亜)吉田(東)
暴投:1(亜) 

10/3 亜大二回戦 神宮
東洋大 000 010 001  2 32 8 2 6 0 3 0 6 4 0
亜  大 000 000 000  0 26 2 0 4 3 2 0 4 2 0
(東)○吉野9回2安0責ー黒須
(亜)●高津8回6安1責・川尻1回2安1責ー長谷川・湯浅
二塁打:黒須(東)

10/4 亜大三回戦 神宮
亜  大 000 002 000  2 27 5 2 6 3 3 0 4 3 0
東洋大 000 000 000  0 26 1 0 9 3 2 0 4 0 0
(亜)○小池9回1安0責ー長谷川
(東)●吉野6回4安2責・関口2回1安0責・和田孝1回0安0責ー黒須
本塁打:浜崎(亜)

10/17 日本大一回戦 神宮
日本大 010 000 101  3 34 8 3 6 3 2 1 9 1 0
東洋大 100 000 000  1 31 6 1 8 0 1 1 4 0 2
(日)○落合9回6安1責ー佐藤
(東)●吉野6 2/3回6安2責・関口1 1/3回0安0責・松下1/3回2安1責・高島2/3回0安0責ー黒須
本塁打:佐藤(日) 三塁打:鮫島(日) 二塁打:桧山(東)鮫島(日)

10/18 日本大二回戦 神宮
東洋大 000 021 000  3 33 9 3 4 4 3 1 10 0 1
日本大 000 000 000  0 32 7 0 6 3 1 0 9 0 2
(東)○和田孝9回7安0責ー黒須
(日)●河村6 2/3回8安3責・樋口1/3回0安0責・新井2回1安0責ー佐藤
本塁打:山本聡(東) 三塁打:谷口・桧山(東) 二塁打:平田(日)
捕逸:1(東)

10/19 日本大三回戦 神宮
日本大 000 011 000  2 34 8 2 2 2 1 0 8 3 0
東洋大 000 000 013x  4 36 11 4 7 3 1 1 10 0 0
(日)●落合8 1/3回10安3責ー佐藤
(東)吉野4 2/3回5安1責・関口3回2安1責・〇和田孝1 1/3回1安0責ー黒須・徳田
本塁打:川谷・桧山=サヨナラ(東) 二塁打:笠原・佐藤・真中(日)川谷(東)
がけっぷちの一発
「あの投手は絶対にカーブが来るんですよ」。そういってサヨナラ本塁打の桧山は息を弾ませた。二部リーグとの入れ替え戦脱出をかけたし烈な直接対決。負ければ最下位が決まる土壇場の九回二死二塁。同点に追いついた勢いをそのままに打球は右翼席中段で大きく弾んだ。2季連続の最下位になるかは、日大の最終戦の結果待ちだが、「監督がいつも『うちはがけっぷちだ』といっていたんですが、その最高の場面でしたね」という主砲の大きな一発だった。
(『朝日新聞』平成二年十月二十日付朝刊)

*日大が専大との最終戦を1勝2敗で落とし最下位となった。


勝点
亜  大 9勝 4敗 1 4
駒沢大 8勝 5敗 4
青学大 8勝 4敗 3
専修大 6勝 6敗 3
東洋大 4勝 9敗 1
日本大 3勝 10敗 1 0



ベストナイン(満票19票)
二塁手:桧山進次郎=10票・初(但し、三塁手として一回受賞、通算二回目)

打撃十傑入り打者
 3位:桧山13試合50打数16安打7打点1本塁打、打率・320
 9位:斉藤12試合38打数10安打3打点1本塁打、打率・263


拍手を送る


「熱球譜」:戦前・戦後の歴史のうちスコア中心の記事
「全試合結果」 : 戦前から現在までの試合結果(「熱球譜」完成までの繋ぎ版

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック