昭和初期の東洋大軟式庭球部

以前UPした“番外編:戦前の東洋大学の運動部”の記事でご紹介いたしましたが、東洋大のスポーツで最初に優勝したのは軟式庭球でありました。

大正 9年関西地方遠征(5月:約20名)
大正13年関東学生軟球連盟リーグ戦優勝(5月)
大正14年都下大学専門学校軟式リーグ戦優勝
大正15年埼玉県足利体育会主催軟式庭球大会出場(10月)
大正15年草加庭球倶楽部主催関東庭球大会出場
大正15年大正大学招待大会出場(11月)
大正15年日本軟球会主催明治神宮奉賛軟式庭球大会出場
昭和 2年市川庭球倶楽部主催関東庭球大会出場(5月)
昭和 2年伊勢崎市主催全関東軟球選手権、島田・長井組優勝(6月)
 同 年 全国大学専門学校軟式庭球大会、島田・西寺組優勝(10月)
昭和 6年関東学生軟球聯盟リーグ戦、優勝(10月)


といった具合に、大正末から昭和初期にかけての活躍ぶりが目立っておりますが、これには少々訳がありまして、この時代は日本の軟式庭球の衰退期に当たるのであります。

日本の庭球は明治11年(1878)、文部省体操伝習所で米国人教師のリーランドが紹介したのが最初との説が有力なのだそうですが、当時ラケットやボールは輸入品の為非常に高価であり、一般にはなかなか普及しませんでした。
その後、明治23年に東京高等師範学校(現筑波大)が三田土ゴムという会社に、高価な硬式球に代わるものとしてゴム製のボールを試作させ、これが切っ掛けとなって軟式庭球という日本独自のスポーツが誕生いたします。

東京高等師範は教員養成のための学校ですので、卒業生たちが赴任先の学校で軟式庭球を紹介することで各地に普及していきます。

更に、明治31年(1898)に東京高等師範は東京商業学校(現一橋大)との対抗戦をはじめ、これに明治35年(1902)から早稲田と慶應も加わり四校の対抗戦となります。この四校が「四大雄鎮」と呼ばれ、学生庭球界の中核をなしていきます。このように日本の庭球は当初は軟式が普及し、硬式の方は主に在留外国人と一部の日本人によって細々と行われていたようです。

転機が訪れるのは大正元年(1913)で、海外留学をしていた慶應義塾の庭球部長で自身も塾生時代に庭球選手だった小泉信三(後の塾長)が帰朝し、国際的視野に立って慶應の庭球部を硬式に転向させました。
そして、大正10年(1921)に日本から初めてデビスカップに出場した熊谷一弥、清水善造、柏尾誠一郎の三選手がオーストラリアに勝ちアメリカにも善戦すると、有力大学・高等専門学校の庭球部は相次いで硬式に転向していき、軟式の方は衰退していきました。

東洋大の軟式庭球部が活躍したのはこの“衰退期”に重なりますので、優勝と言っても多少割り引いてみた方が良いかもしれません……。

とはいえ、10万を超える志願者を集める現在の姿とは程遠い、文系の単科大学に過ぎなかった東洋の学生にとっては大きな出来事だったようで、当時の部員の方が『東洋大学校友会100周年記念誌』に寄稿している昭和6年の優勝をかけた対慈恵会医大戦の試合の回想記を見ると、コートの周りには双方の応援団も駆けつけて大いに盛り上がっていたようであります。

強かったあの頃の軟式庭球部
軟式庭球部に入部
昭和5年4月東洋大学に入学。その頃は世界的大恐慌の波が日本にも押寄せて都市には失業者があふれ、農村も深刻な不景気に見舞われていた。また大学生にとってもたいへんな就職難で小津監督の「大学は出たけれど」などがはやった頃だった。

その頃の東洋大学は、長年の念願であった大学令による東洋大学として昇格認可され(昭和3年3月31日)、同年7月新校舎落成、翌4年図書館が完成するなど、大学内の雰囲気は明るく、活気に満ちあふれ生き生きとした未来への希望が漂っていた。

私は入学と同時に軟式庭球部に入部。校庭の桜花も散り初めた頃の放課後、先輩部員の引率で新入部員私以下数名、大学の正門前から「市電」(当時7銭)で「大塚テニスクラブ」のコートへ。先輩部員が先着で練習している中、浅利主将の「練習止め‼」の一声で新入部員の歓迎会と部員の自己紹介が全部員コートに立ったまま始まった。そして柔らかく低いが張りのある声でこう告げられた。「東洋大学の軟式庭球部は各運動部中初の優勝を成し遂げました」と。

大学部争覇戦での思い出
昭和6年10月中旬、東京日比谷公園市営テニスコートにおいて開催された関東学生軟式庭球連盟主催の大学部争覇戦(例年春・秋2回開催)

試合の方法は、団体戦のトーナメント方式。基本的にダブルスで行われる。7ゲームマッチが正式なものとなっていずれも過半数のゲームを先取したチームが勝ちとなる。各ゲームは、4ポイント先取したチームが勝つ。団体戦は5チーム編成で、オーダーは試合直前に審判に提出する。

団体戦に勝つには、作戦を立てるわけだが、作戦を立てても技術が伴わなければ効果はない。東洋大は下手な順から強い選手へとオーダーを作成。慈恵医科大は4番目で決着しようとする作戦と見られた。

日比谷の市営4面コート(今の都営)は間隔が普通のコートよりも3倍も広く、そこに藤棚があって、仮設席が設けられ役員席とか選手控室に。またコートの三方はコートの面より2.5メートル位の高さの遊歩道になっており、いつの間にか観客で埋まっていた。すべて動員された両大学の応援団とリーダー。それに一般観衆と、掛声や喚声で圧倒する両大学の応援。慈大は白衣を着て、選手は頭蓋骨のマークを胸につけ、応援団は頭蓋骨の旗を振って応援。東洋大は紋付き袴のいで立ちで応援。選手は胸にハート型の「洋大」のマーク。

審判の合図で、ネットを挟んで両大学の10選手がそれぞれサイドに分かれて、べースラインの後ろに並び、正審の合図で「一礼」、対戦する2チームのプレイヤーはまず、ネットをはさんで相手チームのプレイヤーに一礼する。次に正・副審に一礼する。次にサービスとサイドが決まったら「レディ」プレイ、ボール。2番手以下の選手は選手席に戻る。

団体戦は、先に3勝した方が勝ち。先鋒の勝敗が大いに関係することはいうまでもない。しかも敵は「副将組」で後衛は若く長身で、サーブアンドボレーヤーの豪球打ちで有名な選手で「俺が組」が負ければ!…本当に優勝をかけた一番だった。
私は「ジャンケン」でサービスをとり、いよいよプレーボール。
私は1球目のサービスをスライスサービスで打つと、ミドルラインの近い所に入りそれが右回転したので、相手の後衛が転んだ時に足でも痛めたのか?フットワークが急ににぶくなった。ゲームカウントも「3対1」と優勢になり「こらえれば、勝つぞ」と思った。その瞬間、ふっと気が抜けた。足が重くなり動くのが怖くなった。激しい声援がとびかい、気がつくと「ゲームカウント」が「3対3」になっていた。今度は勝ちを意識した相手が打てなくなった。最後のゲームを粘りに粘って遂に相手の「ミス」をさそって勝った。本当に「勝ったぞ」の気のゆるみは恐ろしい。

下記は決勝戦の東洋大学と慈恵会医大のオーダー。

昭和6年度秋季関東大学軟式庭球連盟大学部争覇戦

順番 東洋大学 選手名 慈恵会医大 選手名
1 (先 鋒) 鈴木・坪田 ― 3 (副 将) ー・ー
2 (二番手) 中溝・内田 2 ― ④ (中 堅) ー・ー
3 (中 堅) 迫・藤野 ― 2 (先 鋒) ー・ー
4 (副 将) 星野・斉藤 2 ― ④ (大 将) ー・ー
5 (大 将) 小針・藤本 ― 1 (二番手) ー・ー


○東洋大3勝2敗にて優勝。

テニスは、野球のように一発逆転はない。ポイント、ポイントの積み重ねであり、かといってポイントの数で勝敗が決まるわけでもない。最も精神力を要する競技と言われるのも、明暗の分かれ目が往々にして自分の心に隠されているからだろう。テニスでは番狂わせはまずない。

学生の学業の重視と日常生活の確立を徹底し実践させること、庭球だけでなく日常生活にも目標を持たせ、それを「クリアー」することによって「自信」をつけさせる。自分達にしか解らないような体験、努力、そういったものが「自信」につながっているものだと思う。以上、筆者の庭球感である。
(『東洋大学校友会100周年記念誌』より)


当時、小規模で地味な文系単科大学だった東洋大には運動場もありませんでしたが、庭球部は上記の回想記にあるように、学校から程近い大塚のコートを利用するなど条件的にも他の運動部よりは恵まれていたのかもしれません。

今や陸上競技の日本記録保持者まで輩出するほど盛んになった東洋大の運動部。当時の学生たちの眼にはどのように映るのでありましょうか……。


拍手を送る



下の方に「ブログ気持玉」というのも出来たので宜しければこちらの方もワンクリックお願いします。
      ↓   ↓   ↓



テーマ別インデックス「資料編」 :通算本塁打・投手勝敗・開幕カードスタメンなど
「記録」:個人記録についての話題
「戦前」:新聞記事で拾った戦前の記録
歴史-戦後編」 :新聞記事から拾った戦後の記録
「動画」:神宮で生観戦した際の動画
「エピソード」
「人物」
「東洋大学」:主に野球以外のあれこれ。 
「熱球譜」:戦前・戦後の歴史のうちスコア中心の記事
「全試合結果」 : 戦前から現在までの試合結果(「熱球譜」完成までの繋ぎ版
猫面冠者‐別館(yahooブログ)JINGU STADIUM

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック