テーマ:歴史-戦前

昭和初期の東洋大軟式庭球部

以前UPした“番外編:戦前の東洋大学の運動部”の記事でご紹介いたしましたが、東洋大のスポーツで最初に優勝したのは軟式庭球でありました。 大正 9年関西地方遠征(5月:約20名) 大正13年関東学生軟球連盟リーグ戦優勝(5月) 大正14年都下大学専門学校軟式リーグ戦優勝 大正15年埼玉県足利体育会主催軟式庭球大会出場(10月)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

昭和初期の東洋大野球部

以前、図書館で見つけた『校友会報』116号(発行年を写し忘れてしまいましたが、昭和五十年代前半に発行されたもの)に掲載されていた投稿記事・「五十年前の野球部」をご紹介いたします。 執筆者の方は昭和三年~六年に専門部(三年制)倫理学東洋文学科に在籍されていた方ですので、今からですと約九十年前になります…。 もう、五十年も前のこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

番外編:戦前の東洋大学の運動部

*平成28年11月13日:『校友会報』111号所収の座談会から、戦前の運動部に関する箇所を追記いたしました。 *平成28年11月15日:『東洋大學護国會會報』より相撲部関連記事を追記いたしました。 近年では駅伝や野球等スポーツの分野でも名を知られるようになった東洋大学ですが、「東洋大学野球部の歴史-戦後編⑦昭和35年追記:グラウンド…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

昭和15年の箱根五区区間賞、朴鉱采の「秋窓雑感」

戦前の東洋大学では明治27年から大正12年まで『東洋哲学』、大正13年から昭和4年まで『観想』、昭和4年からは『東洋学苑』と誌名や発行母体を変えながら学内誌が発行されておりました。 更に『東洋学苑』も昭和8年に経済的理由により廃刊となってしまいますが、昭和10年に新たに『思想と文学』が刊行され昭和15年12月まで発行されました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

昭和四年、東洋大・駒澤大・大正大 三大学リーグ戦

『東洋大学百年史ー通史編Ⅰ』にある戦前の野球部の項には 「昭和六年かねて協議中であった文理・拓殖・東洋の三大学野球連盟が結成された…(中略)…なお、例年おこなわれていた大正・駒沢・東洋の三大学リーグ野球戦は大正大学の脱退によって、次年度からリーグ戦を廃して駒沢大学と東洋大学の定期戦とすることとなった」 とあるのですが、大正・駒沢との…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東洋大学野球部の歴史-戦前⑫昭和八年

H27年10月17日 『野球界』昭和八年十一月号の記事を追加いたしました。 昭和八年 四大学野球 春のリーグ戦 5月13日 文理大001 000 010  2 工業大100 000 17X  9 拓殖大878 061 004  34 東洋大100 000 000  1 5月14日 東洋大…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東洋大学野球部の歴史-戦前⑪昭和七年

H27年10月17日 戦前の雑誌『野球界』からの記事を追加いたしました。 三野球團體公認さる 文部省の野球統制令案が訓令として公布されてから既に一カ月餘りを經過したが、この結果各地野球團體はこれを常置團體としての公認を必要とし、東京では六大學リーグ及び五大學リーグ、関西では六大學リーグが早くも手續きを終了して公認團體となったが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

戦前は“白山の哲学”と称されたって本当なのか?=戦前の東洋大学

*H25年6月14日:すこし追記いたしました。 何年か前からウィキペディアなどウェブ上で“第二次大戦前は「三田の理財、早稲田の政治、駿河台の法学、白山の哲学」と称され、東洋大学は伝統的に哲学が有名である”、との言葉がいつの間にか広まっています。 これって本当なのでしょうか? ウィキペディアの“東洋大学”の項の履歴を丹念…
トラックバック:0
コメント:11

続きを読むread more

東洋大学野球部の歴史-戦前・追加分:昭和四年の関西遠征

東洋大学野球部の歴史-戦前⑩昭和六年の稿で『東洋大学百年史』の年表に“昭和四年十月九日  野球部、関西遠征出発(立命、大谷、龍谷等との対戦)”とある。百年史には遠征の試合内容などは書かれていなかったのだが、“山旅ひと筋”の野球部長:田部重治”の稿でも引用した『校友会報』116号(昭和五十五年ごろの発行)に掲載されている、「五十年前の野球…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

和辻哲郎と東洋大学の野球…?

『風土』や『古寺巡礼』などで一般にも広く知られる和辻哲郎が東洋大学の教壇に立ったのは大正九年の事だ。その後大正十四年からは京大、昭和九年から定年退官する昭和二十四年までは東大で学究生活を送った和辻は、それまでもっぱら文筆を以って生業としていたので、本格的な“学者”生活のスタートを東洋大学で切ったことになる。 「・・・そうこうしてい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東洋大学野球部:戦前の試合記録

これまでアップしてきた戦前の試合結果を一つのページにまとめてみました。 (『運動年鑑』などには明らかな誤記も見受けられますが、確認できないものはそのまま引用しました) 大正13年 5月25日 宗教大學4x-2東洋大學(六回降雨コールド) 東洋宗教兩大戰 東洋大學對宗教大學の試合は五月二十五日東京北千住毛織球場にて擧行、六回目…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東洋大学野球部の歴史-戦前⑬昭和九年~(附:陸上部の耐熱マラソン・奉祝駅伝の事など)

昭和九年 新大学リーグ 春のリーグ戦 5月5日 商科大16- 0工業大 拓殖大8x- 7文理大 5月6日 拓殖大21-17文理大 商科大18- 7東洋大 5月12日 商科大17-12工業大 文理大28- 1東洋大 5月16日 文理大24- 2工業大 5月19日 工業大 4- …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東洋大学野球部の歴史-戦前⑩昭和六年

前稿、戦前編⑧を以って大正時代は終わり本稿から昭和へとはいってゆくのだが、東洋大学の試合結果が新聞紙上に見られるようになるのは昭和六年秋に始まる三大学リーグ戦からである。その間、野球に関連する事項としては、『東洋大学百年史』の年表に 大正十五年四月   応援団結成 昭和  四年十月九日 野球部、関西遠征出発(立命、大谷、龍…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東洋大学野球部の歴史-戦前⑨大正15年Ⅳ

「東洋大学野球部の歴史-戦前⑦大正15年Ⅲ」の続き 大正十五年大学専門学校野球リーグ戦 10月22日 國學院大130 3140 300  24 上智大學000 00 0 000  0 10月23日 早大高師001 005 102  9 青山學院302 101 40X  11 10月24日 高等工芸20…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東洋大学野球部の歴史-戦前⑧大正15年Ⅲ

「東洋大学野球部の歴史-戦前⑥大正15年Ⅱ」の続き 大正十五年大学専門学校野球リーグ戦 10月14日 帝大農大001 001 000  2 國學院大320 021 13X  12 10月15日 高千穂高000 000 100  1 農業大學401 012 18X  17 10月17日 高等工芸300 0…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東洋大学野球部の歴史-戦前⑦大正15年Ⅱ

大正十五年国民新聞社の応援で始まった大学専門学校野球リーグ戦は十月十日から田園球場で行われている。当時の国民新聞には各試合とも詳細な記事で紹介されているが、ここでは東洋大の試合のみ記事も引用し、他の試合は結果のみ記載とさせて頂く。 大正十五年大学専門学校野球リーグ戦 10月10日 高等工芸010 000 000  1 日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東洋大学野球部の歴史-戦前⑥大正15年Ⅰ

大正十五年四月の朝日新聞には次のような記事が見られる。 既成六大学野球リーグに対抗して起てる國學院、日本大學、専修大學、高師、東洋大學、大正大學の六チームより成れる新大學リーグ戰は左記の日程によって行はる。(『朝日新聞大正15年4月20日』)この分に引き続き四月三十日から五月二十八日までの日程が掲げられており、二回戦制で行われ球場…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東洋大学野球部の歴史-戦前⑤大正14年秋

大正14年の秋には東都五大学聯盟戦の名称でリーグ戦が行われた記録が『時事年鑑』に載っている。 東都五大学聯盟戦―國學院、日本、専修、東洋、宗教五大學第一回戦は、十月四日より十一月六日迄下澁谷氷川裏、目白海上、大泉三球場にて随時開催、成績並得點左の如し。 (優勝)國學院大學 八戦八勝 日本大學 六勝二敗  専修大學 四勝五…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東洋大学野球部の歴史-戦前④大正14年春

東洋大学野球部が創部した頃の活動はどのようなものであったのか。 大正十三年十月朝日新聞には専大や国学院等のの試合結果が見受けられる。これは都下専門校新リーグ戦の名で行われ、参加校は国学院・商科大(現一橋大)・専修大・東農大・東洋協会大(現拓殖大)・宗教大(現大正大)の六校で、未だ東洋大の名は見られない。 翌、大正十四年五月になると“…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東洋大学野球部の歴史-戦前③文化学科

東洋大学(哲学館)とゆかりのあるもう一つの旧制中学に京北中学がある。京北は哲学館が現行地に移転した二年後の明治32年に井上円了によって開設されており、昭和26年までは同一法人であった。『明治野球史』という本の付録、野球試合記録年表を見ると明治34年の12月5日に、“一高9-3京北中学”とある。また、都高野連の『白球譜-東京都高校野球のあ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

東洋大学野球部の歴史―戦前 ②郁文館

巌義円さんが在籍していたと思われる明治末の東洋大学はどの様な学風であったのだろうか。 運動に関しては「東洋大学百年史通史編」に「・・・常光浩然(大学幹事)の『運動部の起源』(東洋大学新聞第八号 大正十五年七月七日)によると、常光が入学した明治44年頃は運動部は全くなかったという。そこで常光浩然が主唱して大正元年に運動部を設立したと述べ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東洋大学野球部の歴史―戦前①巌義円さん

昨2007年は母校・東洋大学の野球部が東都大学リーグで初めて春秋連覇を果たし、大学選手権の覇権こそ逃したものの、明治神宮野球大会では念願の初優勝を飾った。野球部と直接関係はない一OBに過ぎずともやはり嬉しいものである。 以前から折を見て母校野球部の歴史や記録などを調べてはいたのだが、これを機に少し纏めた形に残してみたいという思いから、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more