テーマ:東洋大野球部の歴史

都市対抗野球:東洋大学出身出場者一覧Ⅲ(平成21年~)=東洋大学野球部の歴史-資料編39

(ヘッダー部分に当サイト内用検索窓を設けましたので御活用下さい) ~都市対抗野球~ 東洋大学出身選手一覧平成21年~ (○は補強選手として出場。また、スタッフは監督のみ) (2019年7月8日更新) H21年・第80回 31名 JR東日本東北 仙台市 長谷部 純(内)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

“JAPAN”:国際大会代表選手一覧=東洋大野球部の歴史-資料編⑰

高校時代も含め国際大会の代表に選ばれた選手の一覧を『グランドスラム』『野球小僧2004年8月号』『週刊ベースボール増刊-大学野球』及び新聞各紙の縮刷版などをもとにまとめてみました。全てを網羅してはおりませんので後日判明した場合はその都度追記していきたいと思います。 *2019年6月22日更新:第43回日米大学野球、村上頌樹選手と佐…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東洋大学の全日本大学野球選手権戦績Ⅷ:平成29年・平成30年・令和元年

第六十六回:平成29年(2017) 出場十一回目:一回戦敗退 6月5日:一回戦 於・東京ドーム:試合開始11:33 終了14:15 観衆2500人 東海大北海道010 400 002  7東 洋 大000 020 000  2(東海)太田・徳橋ー新井 (東洋)飯田・上茶谷・中田・山下(雅)・甲斐野・片山(翔)ー西川 本塁打:…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東洋大野球部全試合結果Ⅸ:平成30年~=東洋大野球部の歴史・資料編

*2019年6月15日更新:H31(R1)年大学選手権終了まで。 年月日対戦校責任投手備考 H30 4/9 中大○9-0上茶谷杉本泰彦監督初采配 4/10中大●1- 3梅津 4/11中大○3-1 上茶谷 4/24国学 ○ 4-3中田 4/26国学 ● 5-6山下 4/27国学 ○ 1-0上茶谷雅 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東洋大野球部の大学選手権試合結果“日録”

東洋大学の大学選手権初出場からの試合結果を一覧にしてみました。 *2019年6月12日更新:第68回二回戦の結果を追加 *大会回数をクリックするとスコア詳細のページを見ることが出来ます。 S57 第31回 所属リーグ 責任投手 本塁打 備考 6/5 九州産業大 福岡六大学 ○ 4 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

全日本大学野球選手権:東都代表校の戦績

全日本大学野球選手権のこれまでの東都代表校の戦績を一覧にしてみました。 (校名太字は優勝) *2019年6月14日更新:第68回の結果を追加 年 回 一回戦 二回戦..... 準々決勝. 準決勝.... 決勝 S27 1回 専修大 11 ‐ 1 福岡商大 5 ‐6 関学大 S28 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

年度別打撃十傑入り打者=東洋大学野球部の歴史-資料編⑩

昭和三十七年春に初めて一部リーグに昇格後、リーグ戦までの各シーズンの打撃十傑入りした打者。(この集計は本ブログの管理人が『東都大学野球七十年史』等を基に個人的に集計したものです。) 青字は首位打者。  ―東都大学野球:東洋大学― 昭和三十七年春~  ~ 打撃十傑入り打者  ~ 2019年6月1日 更新 年度順位打撃…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東洋大野球部の首位打者・最高殊勲選手・最優秀投手・ベストナイン等個人別選出回数

昭和37年の一部初昇格以降、最高殊勲選手、最優秀投手、ベストナイン及び首位打者、新人賞と敢闘賞に選ばれた選手と通算受賞回数を一覧にしてみました。(首位打者と新人賞は獲得したシーズン) *新人賞と敢闘賞は平成21年度から。新人賞は春、敢闘賞は秋のリーグ戦で授与。 また、最優秀防御率の表彰は平成29年度から。 (2019年6月2日更…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

年度別ベストナイン選出者=東洋大学野球部の歴史-資料編⑪

昭和三十七年春に初めて一部リーグに昇格後、平成三十年秋のリーグ戦までの各シーズンのベストナイン選出者〈最高殊勲選手・最優秀投手含〉。(この集計は本ブログの管理人が『東都大学野球七十年史』等を基に個人的に集計したものです。) *○円内数字は当該ポジションでの選出回数、通○は他のポジションと合わせた通算選出回数 青字は最高殊勲選手などの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東洋大野球部:一年春&四年秋の初勝利投手

東洋大野球部で過去一年春のリーグ戦で初勝利を挙げた投手と、逆に大学生活最後のリーグ戦となる四年秋に初勝利を挙げた投手を調べてみました。 (2019年5月27日更新:河北将太投手を追加) 一年春の初勝利投手(*印は先発) 年 月日 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シーズン別本塁打数=東洋大学野球部の歴史-資料編③

昭和三十七年春に初めて一部リーグに昇格後、平成三十年秋のリーグ戦までの各シーズン毎の本塁打数は以下の通り。(この集計は本ブログの管理人が『東都大学野球七十年史』等を基に個人的に集計したもので、公式のものではありません。) ―東都大学野球:東洋大学― 昭和三十七年春~ ~  シーズン別本塁打数  ~ (2019年5月…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

個人別通算本塁打数=東洋大学野球部の歴史-資料編⑤

昭和三十七年春に初めて一部リーグに昇格後、これまでの個人別通算本塁打数一覧(一部リーグ)。 (この集計は本ブログの管理人が『東都大学野球七十年史』等を基に個人的に集計したものです、公式のものではありません。) 期間は在籍年でなく記録のある年度のみを表示している場合もあります。 名前青字はH31年度現役の選手です。 (…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

対戦校別通算成績=東洋大学野球部の歴史-資料編①

昭和三十七年春に初めて一部リーグに昇格後、一部リーグに於ける東洋大野球部対戦校別通算成績は以下の通り。 (この集計は本ブログの管理人が『東都大学野球七十年史』等を基に個人的に集計したものです。) (2019年5月26日更新:R元年春季リーグ戦終了まで) ―東都大学野球:東洋大学― 昭和三十七年春~ 一部リーグ対戦校別通算成…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

投手個人別通算勝敗=東洋大学野球部の歴史-資料編④

昭和三十七年春に初めて一部リーグに昇格後の投手通算成績。(この集計は本ブログの管理人が『東都大学野球七十年史』等を基に個人的に集計したものです。) 期間は在籍年でなく記録のある年度のみを表示しているものもあります。 *名前青字はH31年現役選手 ―東都大学野球:東洋大学― 昭和三十七年春~   ~投手個人別通算勝敗~ …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

シーズン別勝敗&投手成績=東洋大学野球部の歴史-資料編②

昭和三十七年春に初めて一部リーグに昇格後、各シーズン毎のリーグ戦成績及び投手の勝敗は以下の通り。 (この集計は本ブログの管理人が『東都大学野球七十年史』等を基に個人的に集計したものです。) ―東都大学野球:東洋大学― 昭和三十七年春~ ―シーズン別勝敗&投手成績― (2019年5月26日 更新) ―――勝負分勝…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東洋大野球部のサヨナラ勝利ゲーム一覧

先の大学選手権でサヨナラ本塁打を放った小田裕也選手は、リーグ戦でも二回サヨナラ安打を放っている“サヨナラ男”。 そこで、過去のサヨナラ勝利ゲームで決勝打を放った選手を調べてみました。(一部リーグ戦及び全国大会) (名前青字は複数回経験者) 2019年5月23日更新 リーグ戦 年 日 打者 学年…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

東洋大野球部本塁打“日録”Ⅲ:401号~

東洋大野球部の東都1部リーグにおける本塁打第1号は、初めて昇格した昭和37年春のリーグ戦第4週、5月10日の対芝工大二回戦。打ったのは後に西鉄・巨人で活躍した宮寺勝利選手でした。 以来、1部リーグでの試合数は1,000以上に達しています。 そこで、これまでの本塁打を過去の新聞記事から拾い出してみました。 (2019年5月23日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

グローバルリーグ・東京ドラゴンズの一員:千葉久投手=東洋大野球部の歴史―人物③

*本記事は拙ブログをはじめて間もない2008年3月にUPしたものですが、記事中で紹介している『ドンキホーテ軍団』の著者・安部牧郎氏の訃報に接し、トップに持ってきました。 ご冥福をお祈りいたします。 先日UPしたエントリー「対東大戦 於:神宮球場」の試合の中で東洋大三番手の投手に千葉と言う名がある。 当時の新聞を見てみると、千葉…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

平成の東洋大野球部

いよいよ平成も終わろうとしておりますが、平成31年(春季第二週;対國學院大戦)までの東洋大野球部の戦績は下記の通り。平成最初のシーズンは二部でありました。 H1:春 (8勝) (4敗) (0) (4) 二部一位 秋 5勝 7敗 0 2 五位 H2:春 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東洋大学出身プロ野球選手の通算成績

東洋大学出身プロ野球選手の通算成績を一覧にしてみました。 (H30年10月30日に更新) (数字は2018年(H30)シーズン終了まで。数字はNPB:個人年度別成績より) *名前青字は現役 投手 卒年 登板 投球回 勝 負 S 完封 奪三振 自責点 防…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

祝・ドラフトで在学生が4人指名=これまでの東洋大野球部の“新卒プロ入り”

すでに皆さまご存知の通り、先のプロ野球ドラフト会議において東洋大学から四名が指名されました。 そこで、これまでのOBプロ選手のうち、在学時にドラフト指名された選手とドラフト外でプロ入りした選手をまとめてみました。 年度 氏名・守備・出身校 S35 後藤武晴(内・脇町) 東映ドラフト外○ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東洋大学&付属校:プロ入団と拒否=東洋大学野球部の歴史-資料編⑭

東洋大及び付属高校からのこれまでのプロ入団者と高卒時を含むドラフト指名→入団者及び拒否者の一覧。 *○=入団  ×=入団拒否 *名前がリンクになっている選手はクリックするとYouTubeの動画が見られます。 (平成30年10月25日、ドラフト後に更新) 東洋大出身者 年 高校時(拒否→進学).....…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東都大学野球、連覇の記録

(H30年10月23日更新) 東都大学野球で三連覇以上のケースは戦前も含めると下記の通り。 専修大学:六連覇(昭和14年春~昭和16年秋) 勝 敗 分 勝点 二位............ 備考 昭和14年:春 10勝 0敗 0 5 日大 昭和14年:秋 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東洋大野球部の通算“勝点数”

東洋大野球部が昭和37年春に初めて東都大学野球の一部リーグに昇格して以降、これまでの通算獲得勝点を対戦校別に集計。あわせて“勝点奪取率”などを算出してみました。 (H30年10月23日更新:H30秋季リーグ戦終了まで) ①一部リーグでの通算勝点(昭和37年春・秋 昭和42年春~平成30年春まで) …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

開幕カードスタメンⅤ:平成21年~ =東洋大学野球部の歴史-資料編44

昭和三十七年春に初めて一部リーグに昇格後、平成三十年秋季リーグ戦までの開幕カードの勝敗とスタメンの内、平成二十一年春以降の記録。  (平成30年9月9日更新) (この集計は本ブログの管理人が朝日・毎日等の新聞縮刷版を基に個人的に集計したものです。偵察メンバーと思われる場合のみ交代した選手も記載しました。出身校は『神宮球場ガイドブック…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東都大学野球:各校ユニフォームの変遷

H30年9月2日更新:東洋大のストッキングの変化を追記 ①東洋大 戦前 胸のロゴは“YODAI”。 戦後(時期は不明) 撮影時期は分かりませんか、手作り感のある筆記体の“TOYO”のロゴは昭和20年代から30…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

二年続けて甲子園で魔の9回。ツーアウトから・・:上尾高のメンバー=東洋大学野球部の歴史ーエピソード④

*本記事は拙ブログを開設して間もない2008年4月にUPしたものですが、本日(2018年6月7日)の朝日新聞デジタルに掲載された記事“埼玉)ベストゲーム 上尾の選手たちはいま”で、仁村徹・福田治男・長堀肇・市川司郎の四氏のその後が紹介されていたので、トップに持ってきました。 仁村徹投手が昭和五十四年夏の甲子園での初戦、対浪商戦で九…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more