テーマ:番外編

番外編:’07バンコク・ユニバーシアードのサッカー

三年前の夏休み、タイのバンコクへ行った時の事。 宿泊したサイアム@サイアムホテルのロケーションは、通りをはさんでタイの国立競技場の真向かい。部屋は16階の端で、競技場の中を見渡せる位置にありました。 おりしもバンコクではユニバーシアードが開催され国立競技場はサッカー会場となっており、部屋の窓から“高みの見物”と洒落こむことが出来…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

番外編:笑門来副?

今年撮り貯めた“マイピクチャ”から…。 王家の人 読みは“おうや”さんのようです…。 入眼!? ……我が家のバカ猫の食べ残し。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雨の神宮

今日(9月30日)の東都大学野球は雨のため中止。 社用で千駄ヶ谷や神宮前の顧客を訪問するスケジュールを、この日に組み入れていたのだが・・・・。 余程、筆者の日頃の行いが悪いのだろう・・・。 人気のない雨の神宮はちょっと寂しかった。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

番外編:“若き天才詩人”宵島俊吉(=勝承夫)

この夏の高校野球西東京大会では都立勢の日野高校と小平高校がベスト4に進出する健闘を見せた。最近は都立でもスポーツ推薦制度をとりれているところもあり、以前ほどの格差はなくなったようだが、それでも強豪私立の壁はまだまだ厚いようだ。 奇しくもともに日大の付属校に準決勝で敗れたこの二校だが、実は両校の間には校歌に或る共通点がある。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

番外編:続・林芙美子と東洋大生~林芙美子記念館~

昨年9月に西武新宿線中井駅近くにある林芙美子記念館の近くを通りかかったので『番外編:林芙美子と“東洋大生” 』という記事をUPした。その時は休館日で見学はかなわなかったため、あらためて先の休日に訪れてみた。 林芙美子記念館 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

番外編:“囚われの犬”と“気ままな猫”

都内各所は軒並み30度を超える真夏日だった今日(6月23日)の東京。外回りの筆者は京橋、銀座界隈を上着片手に朝から夕方まで徒歩で行きつ戻りつ過ごす。せめて日陰をたどって歩こうと裏道を歩いていると、突然古風なたたずまいの建物が・・・。 看板に“秩父錦”とあるので酒屋さんか・・・。 周りはすっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

番外編:曰く「不可解」~明治36年5月22日

     厳頭之感 悠々たる哉天壌、遼々たる哉古今、五尺の小軀を以て此大をはからむとす。 ホレーショの哲学竟に何等のオーソリチーを価するものぞ。万有の真相は唯一言にして悉す、 曰く「不可解。」 我この恨を懐て煩悶終に死を決す。既に巖頭に立つに及んで、胸中何等の不安あるなし。 始めて知る大なる悲…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

番外編:4月1日

本日“エイプリルフール”ということで、何卒御容赦の程を・・・・。 拍手を送る (この記事を気に入った方はクリックして頂ければ幸いです) 下の方に「ブログ気持玉」というのも出来たので宜しければこちらの方もワンクリックお願いします。       ↓   ↓   ↓ テーマ別インデックス「資料…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

番外編:桜 ~開花間近~

昼のニュースでは靖国神社の桜が開き、今日三月二十一日開花宣言が出された東京の桜ですが、我が家(団地ですが)の道路脇の桜並木はもう間もなく、と云ったところ。 3月21日 午前11時頃。 蕾は膨…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

番外編:”叫び!”

ジョッキの“叫び!” なんだか嫌な世の中になりましたねぇ・・・・。 拍手を送る 下の方に「ブログ気持玉」というのも出来たので宜しければこちらの方もワンクリックお願いします。  …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

番外編:井上円了生誕の地

この三連休を新潟の親類の家で過ごしたのだが、帰途長岡インターで高速を降り長岡市の慈光寺を訪う。 慈光寺 (このページの画像はクリックして拡大して見ることができます) 「安政五年戌午二月四日。越後國三島郡來迎寺村、大字、浦、慈光寺に生る。」(『甫水井上圓了先…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

番外編:林芙美子と“東洋大生”

所用で西部新宿線中井駅を利用したので、以前からちょっと気になっていた「林芙美子記念館」を見てきた。もっとも月曜日で時間も六時近かったので、今日は場所だけ確認し後日改めて見学するつもりである。 林芙美子記念館 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more